【伝統工芸】有松絞を使った柔らかい光を放つ特注照明

Pocket

伝統工芸品を活用した特注照明

日々いろんな照明のご相談を承る斉藤照明ですが、今回は有松絞を使った素敵な照明をご紹介したいと思います。

arimatsushibori2

 

有松絞とは

そもそも有松絞とは、江戸時代が始まったばかりの1600年代初頭、愛知県名古屋市の有松地区にて誕生した伝統工芸品です。尾張藩の庇護を受けて大きく発展したものの、昭和中期以降の着物離れや中国製の安い衣服の台頭により生産量は減少していました。

(出典:wikipedia)
しかし、1992年「第1回国際絞り会議」が開催されて以降、独特で多様な模様が見直され、海外のデザイナーやアーティストから注目されるようになってきました。

 

今回のご依頼もその流れの一環ですね。

 

 

有松絞に合わせた特注照明ユニット

実現したい照明の寸法に合わせて、照明ユニットを作りました。写真左下に見えますツマミをひねって照度を調整することができます。

arimatsushibori

 

有松絞独特の突起が柔らかさを演出

こちらは有松絞を球状に配置した照明。有松絞独特の模様や絞による突起により、光の雰囲気が柔らかくなっています。

arimatsushibori3

 

 

一歩引いたアングル。窓に反射している様子がまるで月のようですね。

arimatsushibori3

 

 

 

伝統工芸と照明は相性抜群

これまで一部の用途に限られていた伝統工芸品が別の活用法によって違った魅力が引き出されるという例は多くあります。照明は大きな活用手段の1つ。

 

斉藤照明では金属・樹脂といったものだけではなく、布や木材・ガラスといった特殊な素材をもりこんだ照明を多く手掛けています。地域に根付く伝統工芸を照明と組み合させてみたいとお考えの方がいらっしゃいましたら是非ご相談下さい。

 

 

ご参考:江戸切子を活用した特注照明


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします