アマダの最新レーザー複合機 LC2012-C1NTを導入しました!

Pocket

最新レーザー複合機を導入した背景

斉藤照明では、ニーズが高まっている特注照明のご依頼にいち早く応えられるため、生産工程の見直しを行いました。

具体的には加工プロセスの中で第1工場と第2工場離れた場所で行っていた作業を

1元化することによって生産効率の向上を狙いました。

image

 

 

9/22 最新のレーザー加工機がやってくる

作業を一元化を実現する最新鋭のアマダのレーザーマシンが9/22やってきましたのでお伝えいたします!

 

巨大な重機とともに登場

ごらんの通り、普段私達とは縁遠そうな重機につられてレーザーマシンがやってきました。

DSC00392

▲あいにくの雨で搬入難易度が上昇!

 

 

微妙な角度を微調整し、レールに乗せて搬入。

DSC00397

 

口をあんぐりする従業員

斉藤照明でも大掛かりな設備更新は10年以上前。ひさびさのビックイベントに従業員と社長の孫も圧倒されています。

DSC00394

 

 

工場内部もてんやわんや

なんとか入り口に入ったと思いきや、今度は工場内の空調設備と干渉。

地道に外しながら入れていきます。

DSC00401

 

 

踏ん張る牽引機

巨大レーザーマシンといっても中身は精密機器。

専用の牽引機で少しずつ入れていきます。

DSC00414

▲踏ん張る姿が実に健気です

 

今回導入したのはアマダの最新レーザー複合機 LC2012-C1NT(amada)

ちなみに今回導入しましたのはコチラの機種。

ガンダムみたいなカラーリングでかっこいいです。

DSC00427

 

▼工程統合・ビルトイン・コンパクト複合マシン

LC-C1NTシリーズは、必要なテクノロジーをマシン本体に内蔵(ビルトイン)することで、設置からの早い立ち上げとわずらわしい段取りから作業者を解放する優れた作業性を実現。

さらに、限られたスペースを有効活用するコンパクト化を推進。

レーザ加工とパンチング加工をスムーズに高速で切り替えることで、工程統合・加工領域の拡大はもちろん、高精度高品位加工を実現しました。

(出典:アマダHP

 

 

搬入作業は夜まで続く

微調整を繰り返しながらようやく作業が一段落したのは20:00。

アマダの社員さんもお疲れ様でした。

DSC00443

 

 

特注対応力がさらに向上した斉藤照明をよろしくお願いします!

というわけで最新鋭のレーザー複合機 LC2012-C1NTを導入して特注対応力をますます上げた当社を今後共よろしくお願いします!

image


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします